Beneath the Tree (Can You Hear the Bells?)

Music by Yoshihide Akiyama

Words by Mutsumi Tanamura


All the clamor’s gone, now people ― nowhere
Silence, so sublime, is here to reign
The steeple looking down over the town square
Seems the only one left to remain

Like the boats on raging water
Parted were we, too late to pray
While Neptune has claimed you “daughter”
Our hearts are here as one to stay

Chorus:
Can you hear the bells?
Gone is another year
Can you hear the bells?
I’m doing fine, my dear
Now I hear the bells
And I can feel you near
Could be just another day
Should be just like yesterday
Now we’ll dream again beneath the tree

Rain since yestereve, mirroring bare streets
Stars, as in the sky, so on the earth
Soon turns into snow, with all indiscreet
Buried in the white of rebirth

Now we hear no church bells ringing
Without a shape we had “it” formed
“Rejoice, ” I hear the future singing
To celebrate a newly born

[Chorus]


喧騒はすべて失われ、人々は今やどこにもいない 静寂は、とても崇高に、ここを支配している 教会の尖塔は、町の広場を見下ろしている これからも唯一それだけは残るかのように 荒れ狂う水面を漂う小舟のように 僕らは引き離され、祈るには遅すぎた 海神はあなたを「娘」として要求したが 僕らの心は、ここでひとつとなり、とどまっている 鈴の音が聞こえるかい? また一年が過ぎたんだ 鈴の音が聞こえるかい? 僕は元気にやっているよ、愛しい人よ 今僕には鈴の音が聞こえる 君を近くに感じるんだ ほんのもう一日でいい まるで昨日のことのように 今僕らはまた夢を見よう、この木の下で 昨夜から続く雨は、空虚な通りに映す 星々を、空にあるがごとく、大地にも やがてそれは雪に変わり、すべての無分別なものを 再生の白の中に覆い隠してゆく 僕らに今教会の鐘は聞こえないが 形はなくとも、僕らは「それ」を作り上げたんだ 「祝福せよ」、未来から聞こえる 新たに生まれた者を称える歌声が