Cadence of Life

Music by Tatsuo Inoue & Mutsumi Tanamura

Words by Mutsumi Tanamura


[A]
Yet again - so graciously falls the dark
It whispers in my ear
"Far is the sign but clear"

Then I see visions of distant sparks
That crack the whole blue sky
"It is too late for thee to cry"

Those words still echo – a sage recited in my dream
"Thy life is filled with tears,
Yet nothing's there to fear"

This narrow passage I've been taking - how long it seems!
'Tis straight but hard to wend
Who ever knows where it will end?

[B]
In the red western sky glare the signs of fate
Which define the meaning of my wait
Here I stand before this crimson field
And feel the silent turning of the wheels

[A]
I cross a river that's not too wide yet so deep
Of flowing blood and tears
From far beyond frontiers

"O shepherd, why've you forsaken your sheep?"
Caught in the depth, I cried
"Oh, someone help me by my side"

[B]
In the sweet solitude, well tamed, have I
Never learnt to doubt or question why
Till a cleft overhead shows a glimpse of you
Now I try to reach and get you through

[C]
Then shattered the darkness - pours like rain
And the spell now broken - sets me free
As the silence fades in firm refrains
I come aware what the sage implied to me

Now the path I walk - with yours unite
The views long forgotten come back alive
And the steps we take into the light
Resonate as the cadence of our lives


[A]
またしても、実に優雅に暗闇は訪れ、
僕の耳元で囁く。
「兆候は遠かれど明白なり」

そして僕は彼方の雷光の幻影を目にする。
雷光により青空全体に亀裂が走る。
「汝、泣き叫ぶには遅すぎたり」

夢の中で賢人が唱えたその言葉が、今も響き渡る
「汝の一生は涙に満てり。
しかれどそこに怖るるべきものは無し」

僕が歩んできたこの細い道、その何と長く感じられることか!
それは真っ直ぐだが、進み難く、
どこで終わるのか、一体誰が知っているというのか?

[B]
赤い西の空に輝く運命の印、
それにより、私が待ち続けたことの意味が明らかとなる。
私は今ここで深紅の平原の前に立ち、
感じる ― 車輪が音も無く回転するのを。

[A]
私は川を渡る。それはさほど広くはないが、とても深く、
彼方の辺境から流れ来る
血と涙とで出来ている。

「羊飼いよ、何故あなたは羊たちを見捨てたのか?」
深みに囚われながら私は叫んだ、
「ああ、誰か ― 傍にいて、私を助けてくれ」

[B]
この甘美な孤独の中で、うまく飼い慣らされた僕は
疑うこと、疑問を持つことを学ぶことはなかった、
頭上の亀裂に、君を垣間見るまでは。
今僕は、君に触れこちらに引き寄せようと手を伸ばす。

[Instrumental break]

[C]
そのとき暗闇は粉々に砕け、雨のように降り注ぎ、
今や呪縛は解け、僕は解放される。
沈黙が、確かなリフレインによってかき消されるにつれ、
あの賢人が僕に暗示していたところを認識するに至る。

僕の歩む道と、君の道とが、今一つに融合し、
長く忘れ去られていた光景が生命を取り戻す。
僕たちが光の中へと進む歩みは、
僕たちの生命の韻律となって共鳴するのだ。