Dream Or Dismay

[ Background Story ]

Words by Mutsumi Tanamura


As seasons change,
all will now be rearranged
You have named the day “A”
that be our last “today”
The loss detected
of the light in your clear eyes
urged me something to say,
It was too late to pray

Each step you take to walk away
Each of our memories now turning grey

Chorus:
The snow covers your footprints
They're all fading away
Was it just another glimpse
Of a dream or that same dismay?

That summer heat is gone
and left me feel so wrong
You have gained all the pain
like a priestess just ordained
We used to weave a dream
to visualize our schemes
Now all lost was the aim
and I know who’s to blame

For all these days we surely shared
Could there be anything not to be spared?

Chorus:
The snow covers your footprints
They're all fading away
Was it just another glimpse
Of the dream or that same dismay?


季節はうつろい行き、
今全てが再編されようとしている。
君が「A」と名付けた日、
それが僕たちの最後の「今日」となる。
君の澄んだ目の中で、
検出された光の喪失、
僕は何か言わねばならなかった。
祈るには遅すぎたのだ。

立ち去る君の一歩一歩が
僕たちの思い出の一つ一つを灰色に変えていく。

Chorus:
雪が、君の足跡を覆い、
全てが消えていく。
僕が垣間見たものは夢?
それともいつもの幻滅だったのか?

あの夏の火照りは去り、
 残された僕はひどく間違った気分。
任命されたばかりの女司祭のように、
 君は全ての苦痛を背負い込んでしまった。
僕たちは「夢」を紡いだ、
 僕たちの計画を目に見えるものにしようと。
今やその目的は全て失われ、
 僕は誰が責められるべきかを知っている。

僕たちが確実に分かち合ったあの全ての日々、
そのためなら何を惜しむことがあろうか?

Chorus:
雪が、君の足跡を覆い、
全てが消えていく。
僕が垣間見たものはあの夢?
それともいつもの幻滅だったのか?