I Hear You Call

Music by Yoshihide Akiyama

Words by Mutsumi Tanamura


1st Verse:
You're running through the night
Never knowing when you can see the light
When you feel so lost and lonely
You'll need someone to hold you tight

When you see your tower a-falling
The whole world will seem about to end
Yet the bird that once has fallen
Has ‘nother chance to re-ascend

Bridge:
No pain brings you no tear
But a smile still takes a frown
Standing on a cliff so sheer
Now you got to keep your feet on the ground

When you see your steps a-tumbling
You might think you'll fall
But I'll be there for you
When I hear you call

Chorus:
Now you fear no more and
Lift up your face, be standing tall
I'll be there beside you
When I hear you call

Now your stage is set and
The voices are ringing in the hall
Just take a step ahead and
You'll hear them call

2nd Verse:
With the blood red moon a-rising
Your skeptic mind will take the lead
Then let me ease your pain
Until your scars would cease to bleed

Dressed in your own sweet desire
Dancing to the ancient harp and lyre
Just stretch your hand to me
When you are sinking in the mire

Bridge

Chorus

Now your stage is set
Feel no fret or you'll regret


1st Verse:
暗闇の中を走る君、
いつ光を目にすることができるかわからずに。
途方に暮れ、孤独を感じるとき、
君を抱きしめてくれる誰かが必要となるだろう。

君の(築いた)塔が崩れるのを目にし、
全世界が今にも終わるかに思えるだろう。
しかし、一度は堕ちたその鳥にも
再び舞い上がるチャンスがあるのだ。

Bridge:
苦痛がなければ涙を流すこともない。
しかし、微笑むためには、苦渋の表情も必要なのだ。
切り立った崖に立った今こそ、
地面にしっかり足を着けねばならない。

君は足元が崩壊していくのを目にして、
堕ちてしまうと思うかもしれない。
でも君の呼び声を耳にしたとき、
僕は君のためにそこにいるよ。

Chorus:
さあ、もう恐れることはない。
顔を上げ、立て、堂々と。
君の呼び声を耳にしたとき、
僕は君の傍らにいる。

今、君の舞台はセットされ、
ホールには(観客の)声が響き渡る。
一歩さえ踏み出せば、
君には彼らの呼び声が聞こえるだろう。

2nd Verse:
血のように赤い月が昇ると
君の懐疑的な心が主導権を握る。
その時は僕が君の苦痛を和らげよう、
君の傷から流れる血が止まるまで。

自身の甘い欲望の衣を身に纏い、
古代のハープとリラの音(ね)に合わせ踊る君。
窮地に陥ろうというときは
僕に手を伸ばせばいい。

Bridge

Chorus

今、舞台はセットされた。
恐れるな、後悔したくなければ。