I'll See You Once Again (Notes from the Muses Sea)

Music by Yoshihide Akiyama

Words by Mutsumi Tanamura



[1A]
Oceans away,
Homeward I'm yearning.
But alone I steer
To the far frontier
Whence no one's yet returning.

Long is the way.
Your dreams I'm bearing
To reach there and back,
Not to end in wrack.
I know you're ever caring.

[1B]
I, alone, awaken.
But I feel not forsaken.
I know,
You know
I'll make it one day.

[C]
You'll see me once again
In the starry night so clear.
You'll see me once again
I have no fear.
You'll see me once again
When I cross the winter sky.
It's my last good-bye.

I'll see you once again
As ever fair and dear.
I'll see you once again
I feel you near.
I'll see you once again.
Here my chapter is to end,
Yours will start the story once again.

[2A]
Nearing the aim,
Slowly I'm landing
For a piece of earth
To unriddle our birth
Which I'm myself commanding.

Short-lived th'acclaim,
Astray I'm falling.
With my broken wings
Onto the void I cling
Then faintly heard - your calling.

[2B]
Now I'm on my feet again.
Now, surely we'll meet again.
I know,
You know
Soon will be the day.

[C]
You'll see me once again
In the starry night so clear.
You'll see me once again
I have no fear.
(The wounded falcon - flying home.)
You'll see me once again
When I cross the winter sky.
It's my last good-bye.

I'll see you once again
As ever fair and dear.
I'll see you once again
I feel you near.
(The wounded falcon - flying home.)
I'll see you once again.
Here my chapter is to end,
Yours will start the story once again.



[1A] 幾多の大洋を隔て、 家へと思いを馳せる。 しかし僕は一人、 はるかな辺境へと舵を取る。 そこから帰ってきた者はまだいない。 道のりは長い。 運んでいるのは君達の夢、 それは、難破して果てることなく、 そこへと辿り着き、そして帰ること。 僕にはわかる、君達が絶えず気遣ってくれているのが。 [1B] 僕は一人で目を覚ますが、 見捨てられた気分はしない。 僕も、 君達も、確信している、 いつの日か僕がやり遂げるだろうと。 [C] 君達にはもう一度僕が見えるだろう、 よく晴れた星空の夜に。 そう、もう一度僕が見える 恐れてなどいない。 君達にはもう一度僕が見える、 僕が冬の空を横切るとき、 それが最期のお別れだ。 僕にはもう一度君達が見えるだろう、 いつもどおり美しく、愛しい君達が。 もう一度君達が見えるだろう、 君達を近くに感じるんだ。 僕にはもう一度君達が見える、 ここで僕の章は終わりを迎えるが、 君達の章から、もう一度物語は始まるのだ。 [2A] 目標へと近づき、 僕はゆっくりと着地していく、 大地のひとかけらを得て、 我々の誕生の謎を解くため。 その命令を僕に下すのは僕自身。 賞賛は束の間、 方向を見失い、僕は落ちていく。 折れた翼で、 虚空にしがみつく。 そのときかすかに聞こえたのは ― 君の呼び声。 [2B] 僕は今また自らの足で立っている。 僕達はきっとまた出会うことだろう。 僕も、 君達もわかっている、 その日がまもなくやってくると。 [C] 君達にはもう一度僕が見えるだろう、 よく晴れた星空の夜に。 そう、もう一度僕が見える 恐れてなどいない。 君達にはもう一度僕が見える、 僕が冬の空を横切るとき、 それが最期のお別れだ。 僕にはもう一度君達が見えるだろう、 いつもどおり美しく、愛しい君達が。 もう一度君達が見えるだろう、 君達を近くに感じるんだ。 僕にはもう一度君達が見える、 ここで僕の章は終わりを迎えるが、 君達の章から、もう一度物語は始まるのだ。