Learning To Fly (On This Ground We Lie)

Music by Yoshihide Akiyama & Mutsumi Tanamura

Words by Mutsumi Tanamura


[Part 1]

I find - all waters and lands there lie still
So fine - see all of my plans well fulfilled
And the light shall reveal all the beauties of life
And the night shall conceal what might lead them to strife

Far cry - see whence all their powers arise
So high - see how they build towers to reach the skies
I've seen how their "wisdom" has led them astray
Will death or destruction be their only way?

[Part 2]

Enemy leader:
In the interest of humanity
And in the pursuit of prosperity,
You brave fighters will sure lead the empire to the glory.
And your loyal devotion will ever remain as timeless stories.
So strike them with your force
And let them fall in remorse.

Alert:
Hundreds of fighter plains detected.
32 degrees northeast.
All gunners stand by.
All fighters get ready to sally forth.

Pilot:
All engines started.
And now we - take off!

[Part 3]

And then I saw the stars a-falling
Those I had been with would be no more
They would live no more
I was just calling your name
I could only call out your name

And I've been wond'ring why
We had been learning to fly
If we can't just be here together
In fact, we will never

What was gained from war?
Who was to get the bloody score?
Now no one would laugh nor cry
On this darkened ground we lie

But I've been calling you
Still I'm calling you
I'm just needing you
I see the towers of ours
falling over
just falling over
I'm going nowhere

We'd been learning to fly
Now on this ground we lie

In the name of god
A wrong path we trod
In the name of love
Unheard the voice above

Blinded we were to see the truth
In vain we misconsumed our youth
The angel of death comes thrice
Time for us to pay the price

After all, did we learn to fly?
Will anybody hear our voiceless cry?
On this ground we sadly lie
Now it's time to say goodbye


[Part 1]

私には見える ― 全ての海と河川と陸地とが穏やかに横たわっている。
実に見事だ ― 私の計画がすべて申し分なく成就した様を見よ。
そして光には、生命の美の全てを明らかにさせよう。
そして夜には、彼らを闘争へと導くものを隠させよう。

遥かな叫び ― 見よ、何から彼らの力が生じるのかを。
実に高く ― 見よ、彼らが天に届かんと塔を建てる様を。
私は見てきた、彼の「知恵」が如何に彼らに道を誤らせたかを。
死もしくは破滅が彼らの唯一の道なのか?

[Part 2]

指導者:
人道のため、
繁栄の追及のために、
諸君ら勇敢な兵士たちは、帝国を勝利へと確実に導くであろう。
そして、諸君らの忠実なる献身は、時を超えて語り継がれるであろう。
されば、諸君らの力で彼らを叩き、
敗北させ、後悔の念を味わわせるのだ。

警報:
戦闘機数百機を探知。
北東32度。
全砲兵、スタンバイ。
全戦闘機出撃準備。

パイロット:
全機、エンジン点火。
そして今我々は ― 発進する。

[Part 3]

そしてその時、星が降ってくるのを見た、
僕と一緒にいた者たちはもういなかった。
彼らはもう生きていなかった。
僕は君の名を呼んでいた。
君の名を叫ぶことしかできなかった。

そして僕は問い続けている、
なぜ僕らは空を飛ぶことを学び続けていたのか?
ここに一緒にいることさえできないのに。
事実、それはもうあり得ないのだ。

誰が戦争から利するのか?
血まみれで得た得点は誰のためだったのか?
今や笑う者も泣く者もいない。
この暗黒の大地に僕たちは横たわる。

しかし、僕はまだ君を呼び続けている。
今も君を呼んでいるんだ。
僕は君を必要としているんだ。
僕は目にする、僕たちの塔が崩壊していくのを。
崩壊していく、
ただ崩壊していく。
僕に行く場所はない。

僕たちは空を飛ぶことを学び続けた。
今僕たちはこの大地に眠る。

神の名のもとに
我らは間違った道を歩み、
愛の名のもとに
天の声は聞かれなかった。

盲目となった我らに真実は見えず
我らの若さは無駄に費やされた。
今死の天使は三度目に到来し、
代償を支払う時は来た。

結局のところ、我々は空を飛ぶことを学び得たのか?
我々の声鳴き叫びを聞く者はいるのか?
この大地に我々は寂しく横たわり、
別れを告げる時は来た。