To Be Back In Your Realm

Music by Yoshihide Akiyama

Words by Mutsumi Tanamura


[A]
I stand here looking down
Tapestries below
Green, red, gold, then brown
Leaves know their time to go

Raindrops hit my face
A rising mist so pale
Veils you on - with lace
Your solid shape grows frail

[B]
Well, I'm leaving now
So that you'd be yourself
'Cause I believe in how
And why I'd be myself

I'll be calling you
So please remember me
You are when and where I'd ever be

[C]
Unarmed, towards this storm I go
Till the clouds part and bring you back
the sky of blue
Barefoot, o'er the thorns I go
Some day the trace will take me back
to be with you

[A]
Singularity
Is hard to be retained
Similarity
Denies to be selfsame

Approaching overcast
Shades your sunny realm
War and peace hold fast
To take each other's helm

[B]

[C]

[D]
Reaching, beseeching -
For all that be lost
Now the line's been crossed

Seeking, bespeaking -
What your life will need
Can make your heart bleed

Halfway
I've found my way
I will carry on


[A]
ここに立ち、私は見下ろす
眼下のタペストリー
それは緑、赤、金、そして茶と色を変え
葉たちはそれぞれの去るべき時を知っている

雨粒が私の顔を打つ
立ち上る霧はとても青白く
お前をレースのヴェールで次第に覆い
お前の確固たる姿は弱々しくなってゆく

[B]
今私は旅立つよ
お前がお前自身であるために
何故なら私は信じているんだ
私が私自身である方法と理由とを

私はお前を呼び続けるだろう
だから私を忘れないでくれ
お前は、私が常にいる時間であり、場所なのだ

[C]
私は、武器を持たず、この嵐に立ち向かう
雲が切れ、お前に青い空が戻るまで

私は、素足で、イバラの道を進む
その足跡はいつかお前の元へと
私を連れ帰ってくれるだろう

[A]
単一性は
維持しがたく
類似性は
同一であることを否定する

迫り来る空一面の雲が
お前の日当たりのいい王国に影を落とし
戦争と平和は
互いの舵を握ることに固執する

[B]

[C]

[D]
手を伸ばし、懇願する―
失われるべき全てのものにとって
今や一線は越えられてしまった

捜し求め、指し示す―
生きるために必要となるものは
心臓から血を流させることもある

今だ途上
自分の道を見い出したばかり
私は進み続ける