You Need

Music by Yoshihide Akiyama

Words by Mutsumi Tanamura


[A]
Now the sun sets softly on the beach
The city lights herald the night's return
Once beside me, you're now out of reach
And for your touch, that heat, in vain I yearn

[B]
You still hold the key
that could unlock my heart to be
over you

[A]
Our shadows reached so far, cast on the sand
The summer breezes combed your hair so light
Gracefully you bowed and took my hand
A progressive twilight blending day and night

[B]
The first of July
least I reckoned I would cry
over you

[C 1]
Tears you did cry - they never dry
soaking my mind with you
Long gone is July, still wonder why
we had to be through
I realize, cut down to size
each day I learn anew
that I'm not the one you need

[A]
Your eyes reflect the champagne fizzing cold
Your words are few yet show what lies behind
Worn-out stories but one left untold
Of which I must admit the cause was mine

[B]
Another sun has set
how many more till I would get
over you?

(Now again...)

[C 2]
Tears that you cried - come even tides
drowning my heart in this bay
That bright summer sky and "you and I"
breakin' away
The more you are missed, the less I resist
your words still in force today
that I'm not the one you need

[C 1]
[C 2]

You did't need me to be the one you need
Still I wonder how I could be the one you need


[A] そして今この浜辺に、日はゆるやかに沈み、 街の灯りが夜の帰還を告げる。 かつて側にいた君に、今や手は届かない、 君の感触、あの熱さを僕は虚しく求める。 [B] 君はいまだ、その鍵を持ったまま、 僕の心を解き放ち、君を忘れるための鍵を。 [A] 砂の上に映った僕たちの影は、とても遠くまで延び、 夏の風が君の髪をやさしくとかしていた。 君は優雅にお辞儀をして、僕の手を取った、 たそがれ時が次第に、昼と夜をブレンドしていく中で。 [B] 7月1日。 君のことを嘆くことになろうとは 思いもしなかった。 [C] 君の流した涙 ― それは乾くことなく 君のことで僕の心はずぶぬれになる。 7月は遠く過ぎ去り、僕はいまだ問いかける どうして僕たちに終わりが来なければならなかったのか。 僕は気づく、自分の身の程を知らされて 僕は日々、認識を新たにする、 君が必要とするのは僕ではないのだと。 [A] 君の眼は写す、シャンペンの弾ける冷たさを。 君の言葉はわずかだが、その背後に何があるかを示している。 語りつくされた話題、しかし語られずに残っている一つ、 その原因が僕のせいであることを認めざるをえない。 [B] またひとつ日は沈み、 あといくつ日が沈めば、君を忘れることができるのだろう? [C] 君の流した涙は、夕潮となって訪れ、 この入り江で僕の心を溺れさせる。 あの夏の眩しい空、そして君と僕、 崩れ去ってゆく―。 君が必要とするのは僕ではないという 君の言葉は今日いまだに効力を持ち、 君を恋しく思えば思うほど、(その言葉への)僕の抵抗は弱くなる。 君は必要としなかったんだ、君が必要とするのが僕となることを。 今も思う、どうしたら僕は君に必要とされるのだろう、と。